Willどうぶつ病院(ウィルどうぶつ病院)は東京都八王子市の高尾駅の近くにある動物病院です。
犬(いぬ)・猫(ねこ)・うさぎ・ハムスター等を診療。一般診療、避妊手術、去勢手術、フィラリア予防、ノミダニ予防、混合ワクチン、狂犬病予防接種、眼疾患(白内障・緑内障・角膜潰瘍など)、皮膚疾患など、お気軽にお問い合わせ下さい。

順番確認

NEWS

  • 新型コロナウィルス院内感染防止のため下記を参考にしていただき、各当項目が1つでも当てはまらないことをご確認ください。
    1.過去14日間に発熱(37.5度以上)、咳、のどの痛みなどの風邪類似症状があった方
    2. 新型コロナウイルス感染患者さん、あるいはその家族と14日以内に接触があった方
    3. 過去14日以内に新型コロナウイルス感染のリスクが高い地域、区域(海外を含む)に滞在していた方
    4. マスクを着用されていない方
    5. 当日体調の優れない方

    当院では原則として マスクの着用手指の消毒 をお願いしています。

  • 🐰ウサギさん🐇の血液検査による健診セットが始まりました!
     (ウサギさんの性格により検査に十分な血液が採取できない場合もあります)

  • リクルート:
    動物看護師さん(トリミングも可の方) 若干名
    院内でマイクロバブルを使用することがあるため、ぜんそくのない方、
    見学&実習ご希望の方は電話連絡をお願いいたします。

  • 新型コロナウイルス感染予防のための受付、待合室の変更について
    来院される際には、連れてくる動物さんをコントロールできる代表者1名が院内に入っていただくようお願いいたします。

    ≪受付について≫
    受付の順番をタッチパネルの受付機と診察券で受付をしていましたが、変更しました。
    来院 : 診察、フード、予防薬、トリミング、初診など受付スタッフに伝えてください。
     ↓ 
    受付 : 診察券は預かりません。見せていただくだけになります。
     ↓   診察券のナンバー、お名前を確認します。
     ↓ 
    番号発行 : 番号札をスタッフがお渡しします。
           大きいほうだけお取りください。

    ≪待合室について≫
    ・自由にお座りいただいていましたが、変更しました。
    ・椅子や長椅子に座る間隔を1m取りました。
    ・院内に座りきれない場合は、外か、車の中でお待ちください。
    ・3人以上待つ場合は、受付の際に携帯電話呼び出しができます。
    ・本や雑誌、パンフレット類の設置を控えています。
    ・換気のため、常に窓を開けています。

  • 臨時休診日と診察時間変更のお知らせ
    *月曜日の午後、金曜日、祝日は休診

    ☆2月
    2月 4 日(金) 休診
    2月 7 日(月) 午後休診
    2月11日(金) 休診
    2月14日(月) 午後休診
    2月18日(金) 休診
    2月21日(月) 休診
    2月23日(水) 祝日(天皇誕生日)のため休診
    2月25日(金) 休診
    2月28日(月) 午後休診

    ☆3月
    3月 4 日(金) 休診
    3月 7 日(月) 午後休診
    3月11日(金) 休診
    3月14日(月) 午後休診
    3月18日(金) 休診
    3月21日(月) 祝日(春分の日)のため休診
    3月25日(金) 休診
    3月28日(月) 午後休診

  • 2021年度4月からの狂犬病予防接種について
    2021年度の狂犬病予防接種の集合注射は未定となりました。
    各動物病院で接種することになります。
    動物病院で接種をする場合でも、保健所からのはがきは必要なので、
    忘れずにお持ちください。
    当院で接種をする場合は、犬の診察が初めての場合、半年以内に来院がない場合は
    初診料、それ以外は再診料がかかります。

  • 犬の狂犬病予防接種について
    犬を飼育している場合、狂犬病予防法により、飼育者は登録と狂犬病予防接種が義務となっています。

    犬の鑑札、済票は必ず首輪に装着してください。
    狂犬病予防接種をしていることが外見上に把握するためです。
    法令規定により、鑑札・注射済票を装着していない犬は、捕獲・抑留対象になります。
    また、避難時の振り分けの目安になります。

    犬の登録を行うことにより、国内で飼育されている犬の頭数、地域を把握し、狂犬病発症対策の基礎情報となり、ワクチン製造量の目安になります。
    海外では、狂犬病は犬のみの疾患ではありません。
    猫、コウモリ、アライグマ、キツネ、オオカミ、人など種を超えて発症が認められます。(感受性はすべての哺乳類にあります。)

    輸入コンテナや、違法輸入の中に、動物が入ってしまい、日本の検疫で捕獲されたりしています。
    目の前だけが安心ではありません。

  • トリミングブログ ≪トリミングフレンズ≫
    トリミングや薬浴にきれてくれたペットたちをご紹介
    →トリミングフレンズ!へ

  • 院長ブログ ≪Willのあれこれ日誌≫
    病院のこと、病気のこと、日々の出来事などを書いています。
    →「Willのあれこれ日誌」ブログへ